有名なテクニカル分析、酒田罫線法

この分析法は名前の通り日本発祥のテクニカル分析になります。

もともと、先物取引の発祥は日本、大阪、堂島の米取引を発祥としていますが、その取引の際に使われたのが酒田罫線法になります。

つまり、酒田の発祥は江戸時代になりますので、当然、その当時は西洋方式の時計がなく、まだ値段も遠隔地の場合はリアルに値段がわかることもありません。

近年のテクニカル分析は時間が一定に進み、リアルタイムの値段が瞬時にわかるのが特徴ですが、酒田罫線法にはその概念がありません。

勉強をするときは安易に役に立たないと考えるよりも時間の概念を無視すれば、その威力を存分に味わうことができると思います。

● 私が実際に使っているバイナリー業者はこちらです。
やはりここは安心ですよね♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高確率ということだけが重要ではない! 大切なのは実際にエントリーできる回数!!

トレンドを読み解く鍵!複数の移動平均線

バイナリーオプションで勝ちたいなら、ハイ&ロー1本に絞って投資をすることをお勧め...

トレンド相場での有効な手法とは

テクニカル指標を学ぼう!エンベロープ編

国内業者メインの「ラダー型」とは?